メスを使わないプチ整形で安心安全気軽になりたい自分になる

しみの除去

しみのレーザー治療における注意点

しみの治療にレーザーは効果がありますが、レーザーの種類によって得意としているものに違いがあります。せっかく治療を受けても、しみの種類に合わないレーザーによる施術を選んでしまうと思うような結果を得ることができません。効果が無かったばかりではなく、場合によっては悪化させてしまうこともあります。安心して治療を受けるためには信頼できるドクターを選んでお願いすることです。自分でレーザーの種類を選ぶわけではなく、ドクターが判断してくれます。しかし、そのクリニックにあなたが気にしているしみに適したレーザー治療器がないと効果の薄いレーザー治療器による施術を受けさせられることも考えられます。事前にある程度は調べてみて、クリニック選びの参考にすると良いです。

しみ治療を無駄にしないためのテクニック

せっかく受けたしみ治療を無駄にしないためのテクニックとしては、アフターケアをキチンとすることです。アフターケアがおろそかになると、せっかく受けたしみ治療の成果が薄くなってしまいます。レーザーによる施術を受けた後は、炎症による色素沈着が起こりやすくなります。その時期に日焼けしたりすると大変なことになりますので、時期を選ぶと共に、アフターケアをしっかり行うことが大切です。目安としては3か月程度と考えておくと良いです。そのため、夏はレーザーによる治療の時期には適していません。時期を選んでレーザー治療を受けた後には、しっかりと美白ケアやUVケアを行って肌を守りましょう。お手入れを怠るとまた新しいしみができてしまうので注意が必要です。